iPhoneスクリーンショット

説明

COMとの対戦形式による4桁の数字当てゲームです。

相手の数字を予想し、数字と位置が一致すればHit、数字のみの一致ならBlowとして、その個数がヒントとして与えられます。
(たとえば相手の数字が「0123」で予想が「1420」なら、1 Hit 2 Blow)
これを2人が交互におこない、どちらが早く相手の数字を言い当てるかを競います。

●vs COM対戦(vsiPhoneアイコンのボタン)
iPhone(iPod touch)のCPUとユーザーが対戦します。
ユーザーは常に後攻となります。
COMに対する勝利数と引き分け数がポイントに換算され、GameCenterにランキングとして記録されます。

●vs 人間対戦(vs人間アイコンのボタン)
Bluetooth通信を使って他の人と対戦します。
先攻後攻はランダムで決まります。
デバイスに登録されたユーザー名ごとに対戦成績が記録されます。

※Bluetoothを使用するには、事前に「設定」アプリの「Bluetooth」をONに設定しておいてください。

●ver.1.3.0で一人練習モードを追加しました。
(人間アイコンのボタン)
右側のviewをタッチすると、CPUの思考ルーチンによる正解候補の絞り込みを見ることができます。

※レビューにある「イカサマ批判」について
先日、久しぶりにレビューを見ましたが、相も変わらず当アプリをイカサマ呼ばわりしている書き込みがあります。ver.1.3.0より搭載の一人練習モードではCPUの思考過程を視覚化して示しておりますので、よくよくご覧になって確認してください。

新機能

バージョン 1.3.5

iOS13以降への対応を最適化。

評価とレビュー

3.4/5
325件の評価

325件の評価

nothingbuthnx

まあ楽しい

確かにコンピューターは無駄な手は打ってこないから強い。けど、こっちもよほど運が悪くなければ二回に一回は勝てる。運が良ければ連勝もできる。同じようにコンピューターも運いいときあるから、キレそうにもなるけどゲームとしてそうじゃなきゃつまらない。文句言ってる奴は正直考えてやってないんじゃないかと思う。時間制限ないから3ターン目くらいからちゃんと考えるべき。10試合やって勝率五分だからもうちょい頑張れば勝ち越せるかも?

ラーーーーーーーーーーーーーーー

CPUを分析してみた。

CPUが強すぎるという意見があり、自分もよく4ターンで当てられることが(1/3)多かったので4ターンで決められた時を分析してみました。まず、10回中最初の一手で4個中3個がblowされたのが5回、4個中2個が3回、4個中1個が2回という素晴らしい結果でした。その後の分析を見ていくと4つ目への推理のパターンとしてあり得るのが平均12通りあり、CPUは1/12を3回に一回当ててくるという素晴らしい結果になりました。

???#/&_???

cpuが強いのは本当か?

cpuが強いというレビューを見て入れたのですがそんなことないです。確かに最短ルートできますが別にこっちだって最短ルートでいったら大体勝率は.500はあります
負けが多い、確率がおかしいなんていうのは運の問題や自分自身の選択の問題です
せっかく1人用モードがあるならそれやって勉強するべき
他のアプリは3桁でどうもつまらないので4桁でいい感じに頭使えているのでこのアプリ好きです

情報

販売元
Satoshi Horiguchi
サイズ
6.2MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 13.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ