スクリーンショット

説明

「Image Sync」はリコーイメージングの対応カメラとの組み合わせにより、モバイルデバイスから、リモート撮影、画像の再生、画像のモバイルデバイスへのコピー、SNSへのアップロードなどができるアプリケーションです。

【主な機能】
1.画像再生、転送
 カメラで撮影した画像をモバイルデバイスで確認でき、モバイルデバイスにコピーすることができます。コピーした画像をSNSへアップロードできます。
2.リモート撮影
 カメラのライブビュー画像をモバイルデバイスで確認でき、モバイルデバイスから露出補正などの撮影条件の変更およびシャッター操作ができます。

【対応カメラ】
PENTAX K-1
PENTAX K-1 MarkII
PENTAX KP
PENTAX K-S2
PENTAX K-70
RICOH GR II
RICOH GR III
RICOH WG-M2

【対応OS】
ios 10.0 -

※iOS10以降であれば上記以外の端末でもダウンロードは可能ですが、サポート対象外となりますので、お客様のご判断でご利用くださいますようお願いいたします。
※2019年4月現在の動作確認端末であり、今後予告なしに変更する場合があります。

【注記】
Image Syncの詳細については次のページを参照ください。
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/app/image-sync2/
RICOH WG-M1はImage Syncに対応していません。
RICOH WG-M1については製品ページを参照ください。
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/wg-m1/

新機能

バージョン 2.0.5

V2.0.5で対応した項目
RICOH GR IIIの以下の機能に対応しました。
・リモート撮影機能
・Bluetooth接続
・カメラからの転送予約、カメラ電源オフからの画像閲覧
・日時同期
・位置情報送信
RICOH GR IIIで本バージョンをお使いになるためにはRICOH GR III ファームウェア(バージョン1.10以降)のアップデートが必要です。

評価とレビュー

1.5/5
534件の評価

534件の評価

okakaebi

選択はできるのに1つずつ転送が止まる??

リモコン機能よりも転送機能の方をよく使うので転送機能に関しての評価。久々に使うと更新されてたのでこれは転送速度も少しはマシになったのでは?とワクワクしながら使うと、以前はものすごく時間かかりながらも選択した画像に関しては順番に転送できていたのに、今回更新されたものは、選択はできても転送できるのが何故か1枚ずつ。1枚転送する度にWiFi接続切れてもないのに「転送を中断しました」となって使えない。どういう事??転送機能に関しては他社(Nコン、Cノン)の30秒程度で一気に80枚くらい転送してくれるスピード感が本気で羨ましい。PENTAX好きなんだけど、アプリなのかカメラ本体のWiFi機能なのか分からないけどスピード遅すぎる。PC環境の無い外でもいつでもどこでもスマホに転送できるのが1つの売りだったんだから速度に不満あるならPC使えばとか言う問題ではない。ちゃんと使える機能にしてほしい。頼みます。。

eisus7

画像の転送&UIの設計がいまいち

以前はまともなレビューが少なかったですが、現在は擁護レニューが多いのであえて厳しめに書きます。

でもまず書かれているレビューについていくつか間違いがあるので指摘を。
●「まとめて一括転送できない」=できます。アプリ一番上にチェックマークのアイコンがあると思いますが、これで複数選択して、画面を長押ししたら出てくるサークルから任意の場所に転送で転送できます。
●「カメラロールに保存できない」=できます。一度一番左の画面で上のある再生マークにのようなアイコンで「アプリ」と「カメラロール」が選べますが、この時にカメラロールを選んで、このアプリでカメラロールへのアクセスの許可をしてください。

それを踏まえたうえで以下が問題点です。

■「転送速度が遅すぎる」
1年前くらいに使ってあまりにも使えないので触りもしませんでしたが、やはり相変わらず使い物にならない遅さです。
ファイルサイズの問題なら、JPGでL、M、Sの3段階くらいサイズをあらかじめ選択して転送させてくれたらいいのに。
普通スマホでならSくらいのサイズでSNSに投稿する役割としては十分なはず。
他社のカメラを使ってみてください。それくらい普通にやってくれます。
あと転送進捗はパーセント表示かプログレスバーを使ってください。それだけでこちらは気持ちが楽になります。

■「RAWをそのまま転送してしまうのはどうかと思う」
RAWで撮った写真はRAWで読み込まれます。(RAW+JPGでも)
で、これをスマホでどう使えと?
アプリ内で現像できるとか、カメラロールに転送するとき(現状できないけど)にはJPGに変換するとかすべきです。

■「長押ししたら出てくるサークルメニューが使いにくい」
写真を長押しor複数選択してる時に出てくるサークル状のUIはなんなんですかね。
もしかしてまさかカッコいいとか思っちゃってるんですかね。
軽すぎると写真開いてしまうし、押しすぎると閉じてしまうし、タイミングが掴みづらすぎます。

■「UIをもっと使いやすくするアイディア」
上記のサークルメニューですべて解決しようとするのが間違いなんです。
とりあえず「削除」「スマホ転送」はアプリの性質上よく使うので、スペース余ってる上部メニューバーとか、このサークルの外にも配置してやったほうがいいです。
UI設計時はなるべくクリック(タップ)する回数を少なくなるよう努力すべきです。

■「縦画面しか使えない」
iPhoneはまだしもiPadの場合は画面いっぱいで見たいので横で使いたい。

内製で難しいのなら外注にでも出されたら良いのではないかと思います。

宜しくお願いします。

マクラネコ

本当に酷かった!

リコペンのWi-Fi機能は「可能である」という意味で、実用出来るという物では無いことは承知の上で使ってみたら、本当に酷くてびっくり。さすがに悪名高くなって久しいし、多少は改善されているんじゃないかと心の中では思っていました。

しかも、gr2ではこのアプリではシャッターは切れず、電波がある所でしか使えないwebアプリを使用する事を強いられます。一体、どういう判断でwebアプリという選択になるのでしょう?少なくとも、製品を買ったユーザーではなく、別の何かを全力で優先したからこその結果なのでしょう。

このアプリにしても、自社製品のほとんどで使われるアプリで影響範囲が広いのに、出来の悪さが原因でユーザーに不快な思いや、買った事を後悔させている事は承知しているはずなのに、ほとんど改善せずにいる。こういったものを製品としてリリースし、しかも問題を放置し続けられる会社の意思決定の過程とはどういうものなのか、とても興味が湧いて来ます。分社化されているし、片手間の事業ではなく、これが主力事業な会社のやる事とはとても思えない。

苦情を言うユーザーが多いのは当然として、それよりもっと沢山、買った事を後悔したり、悲しい気持ちになっているユーザーがいる事を考えた事はあるのでしょうか?自分たちが作り、売っている製品とその付属物が、人に喜ばれるのではなく、怒りや後悔を覚えさせ、不幸にしているという事実をまともに考えた事はあるのでしょうか?

次に消滅や身売りされるカメラブランドはRICOH、PENTAXに違いないと確信させてくれる、そんなアプリです。

情報

販売元
RICOH IMAGING COMPANY,LTD
サイズ
33.2MB
カテゴリ
写真/ビデオ
互換性

iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ