スクリーンショット

説明

いつも3D磁力計を持ち歩いていることをご存知でしたか? あなたのスマートフォンは、振り子を利用して地球上の局地重力加速度を計測したり、音波探知機とすることもできるかも?

phyphoxはあなたのスマートフォンに搭載された様々な物理センサーに直接アクセスしてデータを取得したり、すぐに実行できるデータ分析ツールを使った実験を可能にします.さらに様々な分析の結果と取得した時系列データをエクスポートすることができます.phyphox.orgで自分だけの実験分析ツールを作って,同僚,学生や友達と共有することもできます.

こだわりの特徴:
- 事前に定義された実験の選択が可能です.実験を開始するためにはプレイを押すだけです.
- 広範に使用されるフォーマットへのエクスポートが可能です
- お持ちのスマートフォンと同じネットワークのPCからウェブのインターフェースを通じたあなたの実験の遠隔操作が可能です.
PCに何もインストールする必要はありません.- 必要なものは現代のウェブブラウザだけです.
- センサー入力を選択し,分析ステップを定義し,我々のウェブエディター (http://phyphox.org/editor) を用いるインターフェースとして表示を作成することであなた自身の実験を定義することが可能です.分析は二つの値を入力するだけのものや,フーリエ変換や自己相関関数などのようなより高度な手法を用いることから成り立っています.我々は分析関数の全ツールボックスを提供します.

対応センサー:
- 加速度計
- 磁力計
- ジャイロスコープ
- 光強度
- 圧力
- マイクロフォン
- 接近度
- GPS
*あるスマートフォンではいくつかのセンサーが搭載されていない場合もあります.

エクスポートフォーマット
- CSV (コンマで区切られた値)
- CSV (タブで区切られた値)
- Excel
(他のフォーマットが必要な場合はお知らせください)


本アプリはthe 2nd Institute of Physics A at the RWTH Aachen Universityによって開発されました.

新機能

バージョン 1.1.6

- Audio spectrum now allows generating white noise.
- Tone generator supports dual tone generation.
- When leaving an experiment that ran for more than 10 seconds, phyphox shows a confirmation dialog.
There are many minor fixes and improvements. See https://phyphox.org/wiki/index.php/Version_history#1.1.6 for a full list.

評価とレビュー

4.8/5
17件の評価

17件の評価

市屋陽

いくつかの点を除けばとても楽しい。

スマホを簡単に測定装置にできるこのアイディアはとても素晴らしいものだと思う。

しかし、バックグラウンドでデータを測定できなかったり、ミスタッチで測定画面からアプリのホーム画面に戻ってしまった時に測定が切れてしまう、時々測定が切れたにもかかわらず、上の測定開始ボタンが止まっている表示にならないなど、惜しいと感じるポイントがある。

情報

販売元
RWTH Aachen University
サイズ
25.3MB
カテゴリ
教育
互換性

iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、 イタリア語、 オランダ語、 ギリシャ語、 スペイン語、 セルビア語、 チェコ語、 トルコ語、 ドイツ語、 フランス語、 ベトナム語、 ポルトガル語、 ポーランド、 ロシア語、 簡体字中国語、 繁体字中国語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ