スクリーンショット

説明

SwitchBotシリーズ製品で暮らし快適 !スマホのワンタッチでスイッチをオン・オフしたり、温湿度計でお部屋の状態を遠隔観測したり、ハブミニで家電を一括管理したりします。

SwitchBotと一緒にライフスタイルをスマートにしませんか?

SNSでお得な情報をGET!ぜひフォローしてください
- 公式HP: www.switchbot.jp
- Twitter: @SwitchBotJapan
- Facebook: @SwitchBotJapan

新機能

バージョン 4.3.1

1. SwitchBotスマート電球のスケジュール、動態効果、ミュージックに関するバグを修正しました。
2. SwitchBot人感センサー、SwitchBot開閉センサーのオートメーションに関するバグを修正しました。
3. その他一部のバグを修正しました。

お客様の声は弊社にとって貴重な意見であり、アプリや製品に対して何かご不明な点がございましたら、プロフィール画面の「フィードバック」により、いつでもお気軽にご連絡ください。何卒よろしくお願い致します。

評価とレビュー

2.7/5
806件の評価

806件の評価

HALの惑星

登録でパスワードに英字が入力できません。

adgjmptw以外の英字は入力できませんでした。
数字は入力出来ます。
あと、何故かひらがなも入力出来ます。

仕様じゃないなら修正して欲しいです。
よろしくお願いします。

2021年1月2日追記
メモ帳で予めパスを記入してコピー&ペーストする事で登録が出来ました。

部屋のリモコンを登録して、使って見ました。使用感は悪くありません。アプリを使い遠隔で照明を操作する事が出来ました。

またAlexaと連携する事も出来ました。
こちらはAmazon Alexaのアプリから、スイッチボットのスキルを取得すれば連携が可能です。

スキル取得をする際にユーザーネームとパスワードを聞かれますが、スイッチボットで登録したアドレスとパスを入れればいいです。

登録時のバグだか分からない不親切さとアプリへの不安感で星3とさせて頂きます。

linebutyou

便利だけど不安定

2020/10/11追記
またもやこちらの設置方法、登録方法を見直すようにとのテンプレートな返信が来ました。フィードバックはだいたい自動返信で済ませてるみたいですね
2020/10/10追記
フィードバックに報告後、
アプリのアップデートによりリモコンのテンプレートに
NECのLEDシーリングライトが追加され、
これでようやく元に戻るかと思いきや、
ONボタンがタップしても反応せず。
(通常はiPhoneの振動がある)

その事をフィードバックで報告すると
hub mini2の設置場所が悪いんじゃないか、USBの電圧が弱いじゃないかなど、こちらの環境が悪いんじゃないかとの返事。
いや、ボタンがタップ出来ないのは明らかにアプリの問題じゃ…

説明が悪かったのかと簡潔な文にし再度投稿したものの、今度は1週間過ぎても反応なし

この感じだったら他のスマートリモコンにしたほうがよさそうです

追記ここまで---

hub mini2で照明やサーキューターなどの家電とbotで玄関の壁スイッチの操作を行い、
アレクサと連動し「アレクサ、ただいま」で照明とサーキューレーターをオン
「アレクサ、行ってきます」で諸々の電源をオフにするなど便利に使用しています。

便利ではあるのですが、アプリが更新されると影響を受けるのか、登録していた赤外線リモコンが効かなくなったりします。
hub mini2を再起動したら直ったりするのですが、
最近のアプリ更新でNECの照明が効かなくなってしまいました、登録し直してもダメ。

こうなると下手に更新しないでもらったほうがありがたいという、なんともスマートじゃない感じです

デベロッパの回答

お客様

この度、お世話になっております。ご不便をかけてしまい、誠に申し訳ございません。
問題を詳しく分析するには、データ情報を集める必要がございますので、お手数ですが、アプリの中メニューからフィードバックよりもう一度問題報告してください。(メール内容をそのままコピーして送っていただければ結構ですが。)
そちらから技術専門家が対応いたしますので、ぜひご協力宜しくお願い致します。 

SwitchBot Team

minun♂

便利だけどあと一歩

・あらゆる設定項目で、後から修正するための「編集」が出来ない。
 そのため、例えばスケジュール遅延時間を1秒ずらそうとか、カスタムリモコンでこの機能のボタンを追加しようとか思った場合はその設定を削除してやり直さなければならない。

・Switch bot plugの電力表示機能が使いにくい。
 その日の積算電力しか表示出来ず、リアルタイムに今何W、あるいは何Vで何Aといった情報は得られない。
 数秒おき、数分おきの更新でも構わないので、現在の消費電力や供給電圧が判るようになると良い。
 ハードウェアとしては実現可能なものが揃ってる筈ですから、ソフトウェア側の話になります。

・単体での連携機能が乏しい。
 温度計が指定温度になったらオンオフ、と言った機器同士の連携機能が無く、この辺りはアレクサやGoogle Homeと言った他社サービスが必須となっている。
 温度計の温度をトリガーしたり、plugの消費電力をトリガーしたり、特定のリモコン操作を傍受したらトリガーしたり、やれる事は沢山あるはずです。
 現状、わざわざアカウントを作ってこのアプリを入れても、単体で出来るのは外出先から確認や操作が出来るクラウド機能だけです。
 同じアカウントで使っている別のネットワークに属した機器ともトリガーを共有出来る様になると更に使い道が広がると思います。

Appのプライバシー

デベロッパである"wonderlabs, Incorporated"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 位置情報
  • ID
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ