スクリーンショット

説明

「Wi-Fiミレル」は、ご自宅やオフィスなどのWi-Fi環境を計測し、表示することができるアプリです。
現在接続されているWi-Fiの電波強度やヒートマップなど、Wi-Fi電波を“見える化”することで、より快適なWi-Fi環境を実現するお手伝いをします。
また、弊社製無線LANルーター以外をご利用の場合でも、本アプリを使って計測することができます。

・電波強度
現在接続されているWi-Fi(SSID)の電波強度を0~100の数値で表示します。数字が大きいほど、電波状態がよいことを示しています。表示される数値は目安となります。

・ヒートマップ
場所ごとに電波強度を計測することで、ご自宅やオフィス全体のWi-Fiの電波強度をわかりやすく把握できるヒートマップを作成できます。
間取り図も読み込みできますので、場所ごとの計測結果が一目でわかります。

・Wi-Fi情報の表示
現在接続しているWi-Fiについての各種情報(SSID、IPアドレス、サブネットマスク等)を表示します。

新機能

バージョン 1.4.0

・iOS13で起動しない場合がある不具合を修正しました
・対応OSをiOS11以上に引き上げました

評価とレビュー

2.5/5
345件の評価

345件の評価

mounerottejikanni

要するに

アプリを起動して歩き回ると、弱中強の3段階でその場所の電波強度が分かるアプリと考えればいい。
アプリの説明に「数値で電波強度が表示〜」とか書くからおかしな話になる。
数値は無視して赤(弱)、黄(中)、緑(強)とだけ意識して見ると・・・画面右上の電波強度と連動していることが分かる。
うん、意味ないな、コレ。
まあ、測定結果でマッピング出来るのでそういうのが欲しい人には良いかな。

ダイタク314

良かった

息子の部屋が場所によってWiFi電波が弱い 大学の課題が出来ない!というので探し、I/Oデータ製ということで私のiPhone8にダウンロードしました。早速やってみるとWiFi機器の側で車の丸いタコメーターのようなメーター表示が90位を指しています。メーター表示は刻々と変わっていきます。2階の部屋へ探りながら向かいました。息子の言う通り。なぜか8畳の部屋の1/4位が30 台を指して悪いことがわかりました。私のiPhoneのWiFi設定を5Gzから2.4Gzの方へへ切り替えると、先ほど30 台だった場所でもメータが80台になりました。息子の部屋では2.4Gzを使うように伝えました。リアルタイムで表示されるので素人の私でも分かりやすかったです。

choconutsm

30台と80台で間はない

ios13.7で使用。
30未満も出ますが、同じ場所でも30台からいきなり80台に変わったり、その逆であったり。
立った状態と座った状態とでも違います。
なのでヒートマップも…楽しいけどあまり役に立たないかも。
再計測で50以上変動すると弱いのか強いのかもはやわかりません。

部屋によっては他家の電波の方が強いので、ルーターの電波最弱設定でどの程度使えるか確認したかったのですが…多少違いがあるな、という程度でした。
設定変えないと電波強すぎるし、変えれば実際に弱くはなってるのも確認できたのでまぁいいかというところですが、中間値が表示されないので、元々スマホに表示されるwifiのマーク3段階とさほど変わらないような気もします。

情報

販売元
I-O DATA DEVICE, INC
サイズ
21MB
互換性

iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
4+
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ