スクリーンショット

説明

脱出せよ・・・!!

目がさめると部屋にいた。
何もない、家具も何もない部屋・・・。
玄関のドアには厳重に施錠された上に溶接されたロック・・・。
そして郵便受には意味深なメッセージ・・・。

とにかく、とにかくここから逃げ出さなければ・・・!


実際のワンルームで撮影された実写版脱出ゲーム!
まさに完全リアル実写なゲームアプリ!
あなたは脱出出来るか?!

■■■■■■■■■■ 重要なお知らせ ■■■■■■■■■■
この作品は制作者が20年住んでいたマンションを実写撮影で制作しております。
20年という月日の経年劣化後が実写にございますのでご了承ください。

尚、部屋がガチで汚い、腕毛が濃いという感想のレビューはもうネタ化してるので、その辺りのレビューのご投稿の際はお気をつけください

新機能

バージョン 3.1

このAppはApple Watch Appのアイコンを表示するようAppleにより更新されました。

スクリーンショット変更

評価とレビュー

2.8/5
105件の評価

105件の評価

dancing aloha

脱出ゲームというよりも‥

脱出ゲームをまったくやったことのない人が作った感じで、ヒントがないとほぼ脱出できないし、ヒントや答えを見ても、分かるわけない!と突っ込みたくなる突拍子もないストーリー。
推理のしがいがまったくありませんでした。
推理する部分はほぼないので勘でぽちぽちするだけ。
脱出ゲームというよりタップゲーム。

コロタス

これはひどい。

あとは扉を開くだけ…という所でタップしてもノブに手がかかったり、鍵を回したり、ロックをかけるだけで扉を開ける事が出来ない。
アンインストールし直すと今度はコンセントタップのランプが一切光らない。
数字を合わせても間違っていたので偶然でない事は確認済み。
どうやっても永久にクリア出来ない、大変斬新な脱出ゲームでした。
その斬新さの評価として星無しとしたい所ですが、仕様上不可能なので一つおまけさせて頂きます。

鑿子

エンディングは一見の価値あり

手作り感溢れる実写脱出ゲーム。
難易度はやや高め、慣れてる人でもサクサクいくのは意外と難しいです。迂闊に鍵を開けようとして失敗するとゲームオーバーのため、詰まったら素直に攻略に頼ることをお勧めします。
プレイ時間は1時間弱、「なんでさ!!」と言いたくなるエンディングでした。笑わせて頂きました。
作製もゲームそのものも身を張った感じがあって楽しかったです。

Appのプライバシー

デベロッパである"Tomoaki Shoji"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ