iPhoneスクリーンショット

説明

■日本人が苦手なLとRの聞き分け特訓の専用アプリ
■海外のネイティブスピーカーの発音を収録
■ゲーム・トレーニング・学習モードの3つのモード
■脳の配線を変えて、聞き分けができるようになる

日本人が苦手とするLとRの英単語の聞き分けのトレーニングアプリです。

LとRの英語の聞き分けができない・・・
TOEICや受験、英検といった英語テストのリスニングだけではなく、海外旅行やビジネス、留学といった実用の場でもLとRの英単語の聞き分けができず、英語の会話が聞き取れない、といった問題で悩んでいる方のための聞き分けトレーニングアプリです。

■日本人はLとRの英単語の聞き分けが苦手

日本語には、英語のLとRの音に相当する「ル」音が一つしかないそうです。
子供は英語のLとRの音の違いを聞き分けることができるようですが、日本語の音に慣れてしまった大人の場合、英語の L と Rの音が同じ音として認識されてしまうため、 正確に聞き分けたり発音することが難しいそうです。

■脳の配線を変えて、聞き分けができるようになる

研究によると、訓練によって聞き分けを改善できるようです。
LとRの発音の単語のペアを聞き、どちらの単語かを答え、正解か間違いかをすぐにフィードバックし、正解をすぐに確認しながら何度も聞いて耳を鍛える訓練を行えば、大人でもLとRを聞き分ける能力が高まることが報告されています。

■ゲーム・トレーニング・学習モードの3つのモード

単語のペアを繰り返し聞く訓練を行えば、聞き分け能力が高まります。
しかし、トレーニングの効果が出るまで時間がかかります。
長く継続的に楽しんでトレーニングできるように、4つのモードを用意しました。

■反復トレーニング
LとRの似た2つの単語のペアを聞いて、LかRかを当てるトレーニングです。
同じ単語のペアを何度も聞いて、聞き分けができるまで脳を鍛え直しましょう。
アメリカ英語、イギリス英語、男性、女性の組み合わせから選択できます。

■力試し
LとRの似た単語のペアから、一方だけが発音されます。
LかRを聞き分けましょう。
アメリカ、イギリス、フランス、イタリアなど、各国のスピーカーの発音を選択できます。

■学習モード
発音と和訳を1つずつ確認するモードと、LとRの2つの単語のペアが順番に発音されるモードの2つのモードがあります。

■聞き分けジャンプ
発音されたLとRの単語を聞き分けるジャンプゲームです。
正解すると階段を上っていけますが、3回間違えると落下します。

■海外のネイティブスピーカーの発音を収録

英語にも訛りがあります。
アメリカとイギリスといった英語を母国語とする国々でも、日本語と同じように地域によってアクセントは異なります。
また、フランスやイタリアといった英語以外を母国語とする国々では、それぞれの母国語の影響を受けた訛りの強い英語の発音となっていることがあります。
いろいろな英会話教材はアナウンサーのような標準語的なきれいな発音で製作されていることが多いですが、実際の日常生活やビジネスの現場では、英語が母国語ではなかったり、訛りの強い英語を話す外国人と接する機会のほうが多いかもしれません。
せっかく英会話を学習したのに海外に行ったら、まったく聞き取れなかった、ということがないように、アメリカ人やイギリス人のプロのナレーターの発音だけではなく、ヨーロッパやアジア、アフリカなどの様々な国々のスピーカーの生の発音を収録しています。
訛りの強いスピーカーの発音もあるため、聞き分けが難しい問題もありますが、実際のビジネスミーティングや日常生活でも聞き取れるように、何度もトレーニングしてリスニングを身につけましょう。

■電話音質とガヤガヤ雑踏機能

電話のようなノイズのある発音にすることができます。
また、カフェのようなガヤガヤした雑踏の音を重ね合わせることができます。
聞きにくい状態でトレーニングすることで、より実践的な聞き分け能力を鍛えられます。

Appのプライバシー

デベロッパである"Takashi Osaka"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

ヘルスケア/フィットネス
ライフスタイル
ヘルスケア/フィットネス
ヘルスケア/フィットネス
ヘルスケア/フィットネス
ヘルスケア/フィットネス

他のおすすめ

教育
教育
教育
教育
教育
教育