スクリーンショット

説明

DigiPoliceは、警視庁生活安全総務課が東京都内の犯罪発生情報や防犯情報をお届けする防犯アプリです。
DigiPoliceでは、マイエリアを設定すると、設定した地域の犯罪発生状況がトップ画面に表示されます。
地図情報では、コメントをつけてSNSやメールなどでご家族やお友だちと共有することもできます

【機能】
●街頭犯罪や子供に対する声かけ事案の情報
●特殊詐欺のアポ電情報
●特殊詐欺まるわかりeラーニングサイト
●子供と女性の安全に関する情報
●サイバーセキュリティに関する情報
●公開捜査情報
●詐欺川柳
●生活安全部のTwitter
●警視庁HPの表示
●警察署・交番検索
●キャラクター成長機能
●防犯ブザー・痴漢撃退機能
●お知らせをプッシュ通知

新機能

バージョン 3.0.12

警視庁ホームページのURL変更に対応しました。
特設サイト「全国地域安全運動」ページを追加しました。

評価とレビュー

3.5/5
157件の評価

157件の評価

シバイタロカ博士

sosを送受信できる機能がほしい

防犯ブザーと「やめてください」音声だけでなく、痴漢等にあった際や現場近くにいる際に目立たずにSOSをやり取りできる機能があるととてもよいです。別アプリで恐縮ですが、Don’t worryやNomoretouchのようなものです。
この機能は多くの人が使っていないと意味がないので、警視庁公認で評判が高くダウンロード数の多いDIgiPoliceで是非とも実現してほしいのです。

Tvxq!01260204

こういうの待ってました!

警視庁公認、というところが安心です。
個人的意見ですが、こういうアプリはどこの誰が作ったかもわからない場合、安易にダウンロードするのは危ないと思っています。
アプリの運営側が悪い人で、アプリからハッキングされて位置情報などの個人情報が漏れたらと思うと怖いです(大袈裟ですが、、、)
ただ、気になる点があります。なぜ犯人相手に「やめてください」と敬語を使うのでしょうか?「やめなさい!」「痴漢だ!」「助けて!」のような強めの口調、且つ緊急性を感じるような文言では駄目なのでしょうか? 
痴漢やストーカー被害で泣き寝入りする女性や子どもは警察が把握している倍以上いると思います。加害者の刑としては軽いかもしれませんが、被害者は一生の傷を負います。被害者を出さないためにも、改善を希望いたします。

たま1235468

東京が主

東京が主な使用地とはいえ、何か起きた時に防犯ブザー画面をタップするだけで事前に登録したアドレスに位置情報が送られるのは素晴らしいと思います。
例えば私は大阪府に住んでいますが、位置情報の送信機能などは十分使えるし、その後の捜査をする場合大まかな時間を外部へ送信できるメリットはとても大きいです。

ゲーム性は首都圏に住んでいないとメリットはありませんが、防犯機能を目的とした場合、首都圏以外に住む人にもメリットはあると思います。

Appのプライバシー

デベロッパである"警視庁"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ