スクリーンショット

説明

FaceTimeのオーディオ通話やビデオ通話で家族や世界中の友達とつながることができます。

FaceTimeのリンク
あらゆる場所で共有できるWebリンクを使って、友達にFaceTime通話への参加を依頼できます。Appleのデバイスを持っていない友達もブラウザから素早く通話に参加できます。ログインする必要はありません。

マイクモード
“声を分離”を使うと、周囲のノイズを遮断して自分の声を際立たせることができます。ワイドスペクトルを使うと、周囲のあらゆる音を通話に取り込むことができます。

ポートレートモード
FaceTimeのポートレートモードでは、背景をぼかして自分に焦点を当てることができます。2018年以降のiPhoneとiPad、およびAppleシリコン搭載のMacで利用可能です。

消音通知
消音通知を使うと、消音中に会話しているときに知らせてくれます。

空間オーディオ
空間オーディオでは、友達の声が広がって、通話上で配置されている方向から話し声がするように聴こえます。2018年以降のiPhone、iPad、およびMacで利用可能です。

グリッド表示
グリッド表示では、グループFaceTime通話に参加している人が同じサイズのタイルで表示され、今話している人が強調表示されるので、だれが話しているかが簡単に分かります。

エフェクト
エフェクトを使って、FaceTime通話中に素早く自分をアニ文字にしたり、ステッカーを貼ったりできます。

“電話” Appとの統合
FaceTime通話は“電話” Appの通話履歴に統合されます。また、“よく使う項目”を作成して、“電話” Appで主要な人に素早くアクセスできます。

みんなで集まる
一度に最大32人でのグループFaceTime通話を楽しむことができます。

前面カメラと背面カメラ
前面のFaceTimeカメラを使って自分の顔を表示したり、背面カメラに切り替えて自分が見ているものを友達に見せたり、特に見せたい部分を大きく見せたりできます。

柔軟な通話
連絡先に電話番号またはApple IDを使って連絡できます。FaceTimeは、Wi-Fiおよびモバイル通信経由で動作します。

評価とレビュー

4.3/5
6件の評価

6件の評価

Appのプライバシー

デベロッパである"Apple"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 連絡先情報
  • 検索履歴
  • ID

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 位置情報
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp