スクリーンショット

説明

◇◆ グリムノーツ Repage 遂に始動! ◆◇

全世界1700万DLを突破したスクウェア・エニックスが贈る新解釈RPG!

みんなが知っているあの童話の世界を舞台に様々なキャラクターたちが織りなす物語!
70万文字を超える広大なストーリー!
毎月開催されるイベントの数々!「一人」ではもちろんたくさんのプレイヤーと「協力」するマルチイベントも充実!

◆ストーリー

僕らは生まれたとき、一冊の本を与えられる。
 -役割を与えられた主役と、空っぽの脚本をもった脇役が紡ぐRPG

僕らは生まれたとき、
一冊の本を与えられる。

僕らの世界、生きる意味、運命、
それらすべてが記された戯曲、
『運命の書』。

『運命の書』に記されし役割に従い、
ひとびとは喜び、悲しみ、怒り、そして死んでいく。

どんなに偉大な英雄も、
どんなに気高いプリンセスも、
定められた運命から逃れることはできない。

運命を与えられなかった者たち、
『空白の書』の持ち主を除いて――

だから、僕は抗うことにした。
空白の頁しかない『運命の書』で、この世界に立ち向かってやると。

役割を与えられないという運命を背負った『空白の書』
それは、世界に抗うことができるという証。

そう私たちは信じていた。

たとえ、それが誰かから与えられた力であったとしても
繰り返される絶望の運命をリページするために――

だから、僕たちはあがき続ける。

絶望の結末を幾たびも乗り越えて、
新たな未来へたどり着くために…。

これは、繰り返し読まれた絵本の新たな物語。


◆キャスト
上坂すみれ、上田麗奈、内田雄馬、内山夕実、江口拓也、大久保瑠美、茅野愛衣、久保田未夢、白熊寛嗣、芹澤優、立木文彦、巽悠衣子、種田梨沙、中田譲治、本多真梨子、間島淳司、三澤紗千香、水島大宙、悠木碧、他多数(50音順)

◆キャラクターデザイン
石商、がおう、匈歌ハトリ、さかなへん、saberiii、salada、シロタカ、鈴ノ、ちゃきん、T-TRACK、なのかけい、眠介、穂里みきね、巻羊、村崎久都、八重樫南、Lard、他多数(50音順)

新機能

バージョン 2.7.0

・新育成コンテンツ「絆」の実装
・ホーム画面およびプロフィール画面の表示キャラ変更機能の追加
・細かい不具合の修正

評価とレビュー

4.0/5
7,218件の評価

7,218件の評価

まるがれーて

大好きです。

長くなります。自分語りすみません。

2017年の夏くらいに、主題歌の「忘れ時の言の葉」に惹かれてこのゲームを始めました。以来、ほぼ毎日ログインしているゲームです。

このゲームは、主人公一行が『想区』と呼ばれる沢山の童話の世界を旅し、それぞれに生まれた間違った『運命』を正しいものに戻す、といったストーリーです。

童話やおとぎ話が好きな人には本当にオススメです。私は逆にグリムノーツのおかげで童話に興味を持ち始めました。

キャラクターはみんなカッコイイし可愛いです。BGMも本当に良いです。それにやっぱり「忘れ時の言の葉」は最高です。

ガチャに関しては、私が始めた時には既に30回天井といって、30回以内に最高レアリティのキャラが必ず一体以上出る仕組みになっていたので、排出率が悪いと思ったことはありません。今では100回回せばピックアップヒーローが一体以上確定という仕組みもあります。良心的な方だと私は思っています。

100回とか多くて回せないと思われるかもしれませんが、ちゃんと毎日デイリーをクリアして、クエストもこなしていれば石は溜まっていきます。結構貯めやすいです。

キャラの性能に関しては、創造主というヒーローが他のキャラに比べてステータスが頭一つ飛び抜けていたり、昔のキャラが最近のキャラより劣ってしまってはいました。いわゆるインフレというものは、確かに酷かったです。闘技場であるキャラに自分のキャラが蹂躙されるだけの画面を見つめて「うう」と唸っていた時期もありました。

でも私はグリムノーツが大好きです。

スマホゲームでここまでハマったゲームは初めてです。

ストーリーに、キャラに、BGMに、私は助けられました。人生の一部になっていると言っても過言でありません。

それほど私にとって影響のあるゲームです。

沢山楽しませて頂きました。

これからも、最後まで、楽しませて頂きます。

今まで本当にありがとうございます。

runasamiku

初期、エコーズをやっている人です

エコーズとの比較
〈キャラ育成〉
エコーズ
時間がかかる。けどしっかりと育成したらどのキャラでも活躍できる。

初期
楽しい。簡単

リページ
簡単。キャラによって強さが変わってきてしまう感じがする。

〈物語・戦闘〉
エコーズ
移動が多くて大変

初期
面白い。サクサクと進んで読みやすい。

リページ
リページをするから、なかなか進まない。
新しいキャラの想区まで行くのが大変。飽きてくる。

キャラ
エコーズ
あまりまだ居ないから推しが出やすい

初期
推しは出やすい訳では無いが、色んなキャラをもてる

リページ
キャラが多すぎる。人気キャラの衣装とか、期間限定とかが出すぎて、少しマイナーなキャラが可哀想になってくる。

〈ガチャ〉
エコーズ
石を集めるのが大変。

初期・リページ
石を集めるのはまだ楽。
星5確定は同じの30だからエコーズも初期もリページもガチャに関してはあまりない。

まだリページはあまりやっていないし、初期は途中で消したりしているのであやふやな部分はあります。

エコーズはリリースした時からやっているので多分大丈夫です。

キャラが多すぎるのもなーと感じている人が多いけど、衣装とか、期間限定は人気キャラしかなかったりするのがあるのでそこが反感を買う原因かと。
確かに創造主?が多いと思います。まぁ主要キャラなのかも知れないのですが。わたし的にはもっと創造主以外の子たちの衣装が欲しいですね。
シナリオはどれもとてもいいです。読み応えがあります。
戦闘に関して。
エコーズは難易度が高めに設定されていますが、回復薬と、避ける事が簡単なので、やりやすくバランスが取れていると思いますが、
リページの場合、回復薬はなく、避けるのも難しく、フィールド上に雑魚敵?モブ敵?がいなく星5を持っていても、勝てない事が多いです。
箱庭の建物も、建てる事が難しい時があるので、初心者には少し厳しくなってしまっている部分があると思います。

ですが、エコーズもリページも面白さはどちらも劣っていないので初期をやっていた人はどちらもやることがオススメです。

長文失礼しました。

この文は私の個人の意見、感想です。人によって感じ方が違いますので一概にこれとは言えません。そして、エコーズをひいきしている訳でもリページを貶している訳でもございません。
ご了承ください。

\(//∇//)\╰(*´︶`*)╯\(//∇//)\

自分語りです

このレビューは長いです。
最初に文句タラタラ言ってるのでインストールしたくなくなるかもしれませんが最後まで読んでくれると嬉しいです。

まず最初に言うと私はなんだかんだこのゲームのレビューを3回ぐらい書いてます。
今までは★5つけてましたがもう★3にさせて頂きます。
理由は複数あります。

1、インフレとガチャの連投が酷い
このゲームには創造主という通常のヒーローよりひと回りほど強いヒーローが居ます。
その創造主が闘技場でよく暴れ回っているのですが最近暴れ回り具合が流石に酷いです。
新創造主が登場して人権ヒーローとして注目を集めたその約3ヶ月後に人権ヒーローが交代、などということが起こっています。
しかもまぁソシャゲのインフレが多いのはしょうがないこととはいえストーリーでは同等の力を持つはずの同じ創造主でも初期と今では衣装での上方を拭いきれないほどの圧倒的な差をつけられます。
もう好きなヒーローで闘技場へ行くのはほぼ不可能です。
結局イソップに殴り殺されるだけです。
これに関しては闘技場やらなければどうでもいい範囲の話なんですがね。

2、マンネリ化
このゲームにも数々のイベントがあります。
ですが新イベントという新イベントがほとんどないのです。
この意味は○○のイベントが復刻という意味ではなく同じような仕組みのイベントが延々と繰り返されるという意味です。
新しいシャドウイベントが追加されたと思ったらそこからもう約1年ですかね?(うろ覚えですが…)なんの新しい仕組みのイベントもなく同じギミックをストーリー変えただけで垂れ流し続けています。
そろそろ新しい仕組みのイベント作って欲しいです。

3、求めてない公式が作る二次創作
これは初めて実装された時も荒れましたね。
何故童話をモチーフにしたゲームで学園パロなんでしょうか。意味がわかりません。
後この学園、結構皆コンプレックス抉るようなこととかからかうようなこととかキャラクター達が言っちゃうんですよね。
私の推しも学園に出たんですけど「使えない」とか「チビ」とか言われててちょっと不快でした。ここは私の心が弱いだけかもしれませんが。

4、童話から離れ気味
最近はザ・童話って感じの想区が少なく、アンデルセン童話の想区、フィーマンの想区、イソップの想区などの童話ではなく創造主自身をモチーフにした想区が増えていると感じます。私は初期の無印の頃のストーリーでは原作の童話に色々な解釈を加えて確かに自分がこのキャラクターの立場に立ったらこんなことを感じるかもしれない、こんな風に絶望して全てを投げ打ちたくなるかもしれない、などと童話のキャラに感情移入しながら進めていたのですがどんどんその最重要のカオステラーではなくなってきて、カオステラーの心情についてもあまり深く触れないようになって来ててこれは本末転倒なのでは?と思い始めてきています。
毎回毎回楽しみにしていたシンボルイベントのカオステラーもシンボルイベントに童話のカオステラーが出ることがほとんど無くなってきてちょっとつまらないです。

5、有償ガチャのメリットが少ない。
有償のいい所なんてチケット2枚と初回星五確定だけです。
ただでさえ課金効率が悪いのに何故有償をそこまで渋るのかわけが分かりません。

ここまで文句をつらつらと並べてきたわけですがもちろんいいところも沢山あります。

1、ストーリーが重厚
さっきと言ってることが真逆だと言われそうですが本当に重厚です。
最初はカオステラーを元に戻す旅から始まりそこから展開されて行く物語は次が読みたい次が読みたいと止まらなくなってしまうくらいに面白いです。
このゲームは1回大幅リメイクされてグリムノーツからグリムノーツRepageになったのですが昔のグリムノーツのメインストーリーもプレイできますし更に見逃したりまだ実力が足りなくてクリア出来なかったりしたストーリーもプレイは出来ませんが見ることができます。
先程言ったシンボルイベントのカオステラーのお話も見れるので是非全部見て欲しいです。
シンボルイベントのカオステラーは涙腺を集中攻撃してくるような素晴らしいストーリーも多いので…。
ただ、無印メインストーリーを進める1つ注意点があります。
それはイベントをやっている前提の話があるという点です。
エイダというキャラはちょっとどこで合流したかは忘れましたがサードという2人目の合流キャラクターはアーサー王の想区ぐらいで合流するのでその前にそのキャラクターイベントを見る必要があります。
見ないともれなくハテナが渦巻く羽目になります。

2、民度が比較的高い
これはほんとにいいです。
高難易度の(大体難易度300以上)マルチでない限り初心者でも蹴られることはあまりないと思います。
まぁこのゲームキック機能がなくてパーティー解散する必要があるというのもあるでしょうが。
それでも本当に優しい方が多くてとても助けられています。
ここでこれから始めようという方にマルチでのお願いなのですがホストの方の名前が条件になっている方(○○縛り、○○適正募集など)
も居たりするのでちゃんと名前を見て、条件にあっていなかったらもう普通に退室して欲しいです。

3、イラスト、音楽、全てにおいて良い
これはもうほんと美しいの一言です。
可愛いイラスト、物語に入り込む音楽とこのゲームをとても盛り上げてくれます。
突出して言うべきことが少ないものではあれどゲームには重要なことだと思うので。

4、石が貯めやすい
想像ガチャの誘惑に耐え、推しまで絶対ガチャ禁するのならば石は結構貯まりやすいです。デイリーミッションと広告と施設だけで1日ガチャ1回分まわせます。
なので比較的貯めやすい部類かと思います。

最後に、このゲームはいっぱいいい所があります。
私はレビューは星三をつけましたが個人の意見なのであまり惑わされずにインストールしてみて欲しいです。
私は楽しいと思って推しと一緒に想区を駆け回っています。私がこれほどハマったゲームは他にないと思うのでもっともっと人口が増えて欲しいものです。

情報

販売元
SQUARE ENIX Co., Ltd.
サイズ
184.1MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語

年齢
12+
まれ/軽度なホラーまたは恐怖に関するテーマ
まれ/軽度なアニメまたはファンタジーバイオレンス
まれ/軽度な性的表現またはヌード
Copyright
価格
無料
App内課金有り
  1. 詩晶石パックA ¥120
  2. 詩晶石パックB ¥860
  3. 詩晶石パックE ¥8,000

サポート

  • Game Center

    友達にチャレンジして、ランクや達成項目をチェックできます。

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ