スクリーンショット

説明

戦略を練って勝利を手に:ヒーローを雇い入れ、さらに強力なヒーローにアップグレード。

組み合わせて対戦:雇い入れるヒーローはそれぞれ特有のアライアンスに属しています。 同じアライアンスのヒーローをチームに加えて敵を粉砕する強力なボーナスをアンロック!

クロスプレイ:好きなプラットフォームで世界中のプレイヤーと戦える手間要らずなクロスプレイを体験! 遅刻しそう? PCで始めたマッチの続きをモバイル機器で終わらせよう(逆もできます)。 Dota Underlords内のプロフィールはすべてのデバイスで共有されるので、どこでプレイしても進捗が失われることがありません。

超高速ネットワーク:Underlordsは遅延なしのゲーム体験を実現する最新のネットワークシステム上で実行されています。

ランクマッチメイキング:誰もが底辺から始めますが、他のアンダーロードとプレイすることでランクが上がり、ホワイトスパイアの覇者としての実力を証明できます。

トーナメント対応:プライベートなロビーやマッチを作り、8人のアンダーロードの勝負を観る観客を招待しましょう。

オフラインプレイ:4つの難易度レベルの優秀なAIを備えたオフラインプレイは、スキルを磨くのに最適です。 好きな時にゲームの一時停止や再開ができます。

シーズンごとのローテーション:シーズンごとに一部のヒーロー、アイテム、アライアンスとお別れし、代わりに新しいものを追加することで、進化し続けるDota Underlordsの世界が形作られます。

-----

ホワイトスパイアはリーダーを求めている...

そびえ立つメトロポリス、ホワイトスパイアは、ストーンホールやレヴテルの支配も及ばない賭博と砂埃の街。個性豊かな住民であふれ、怪しげな道徳観念がまかり通る、闇商人たちの楽園だ。 闇組織、ギャング、秘密組織がのさばっているにもかかわらず、ホワイトスパイアがこれまで混沌のどん底まで落ちなかった理由は1つ…それはイーブママ。 イーブママは尊敬され、愛されていたが、悲しいことに先週、殺害されてしまった。

イーブの死はホワイトスパイアの裏社会に一つの大きな問題を投げかけた:この町を次に支配するのは誰か?

新機能

バージョン 1.0.10

様々なバグ修正と改善点。 パッチノートの全詳細は、underlords.com/updatesをご覧ください。

評価とレビュー

4.6/5
387件の評価

387件の評価

2ttun

ストラテジーがお好きならぜひ

1ラウンド毎に支給されるゴールドを元手に共有の山から駒を買い集め、戦わせ、8名中4位以上を目指すゲームです

運ゲーのように見えて戦略性を有する、麻雀やカードゲームなどが好きな方はハマるのではないかと思います

1プレイだいたい30〜40分ほどかかるので、ガッツリ遊ぶタイプのゲームとなっています

どれ買ったらいいか解らない方はとりあえず戦士アライアンスの駒を集めるように勤めるのがオススメです

元はDota2のModであったDota Autochessが人気を博したものの、Mod開発者であるDrodo StudiosとDota2開発元のvalveが袂を分けたため

Drodo Studios側が作ったスタンドアロン版Autochess:origin(以下origin)とは別に生まれた、valve製スタンドアロン版オートチェスがDota Underlords(以下今作)となります

ほかにもLeague of LegendsのTeamfight Tacticsモードなどの類似作品が雨後の筍のように現れ、”オートチェス”はストラテジーゲーム界のムーブメントになっています

同じくスマホで遊べるoriginと比較すると、以下のような点が違います

1.デザイン

originでは、三頭身くらいのディフォルメされたキャラクター達を駒として扱うなど、全体的にポップな雰囲気になっています

今作では、写実的なキャラや重い色調など、ダークな雰囲気を纏っており、この一点だけでも好みの分かれるところかと思います

2.アライアンスあるいはシナジー

麻雀で言うところの役でしょうか、同グループ内の種類の違う駒を揃えると発動する効果やその名称に差違があります

たとえばハンターという効果が存在しますが、

originでは、3/6体揃えると、ハンターの駒の攻撃力を上げ、確率で必中の攻撃になるという効果で、

これはウイングス(今作では神出鬼没という効果が相当します)という、駒に攻撃を回避する確率を付与する効果のカウンターとして機能します

一方今作では、ハンターという効果は3/6体揃えると、2回連続攻撃する確率を付与するシナジーとなっており、より攻撃的なものになっています

ここも一概にどちらが良いとは言いにくいものかと思います

3.アイテムの入手手段および種類

どちらのゲームでも、1,2,3及び10以降の5nのラウンドはMob戦となり、そこで駒に装備させるアイテムを入手できますが

originでは、倒したMobから確率でドロップ、つまり何も手に入れられない可能性も、一度に2つ以上手に入れられる可能性もあるのに対し

今作では、Mob戦終了後に3ないし4つの選択肢からひとつ確実に入手する方式になっています

また、今作では装備させるアイテム以外にも、自分のフィールド全体に常在効果を及ぼす”パッシブアイテム”というものがあり、それがマッチを刺激的にしています

個人的には今作の仕様の方が好みですが、運が悪ければ禿げ上がるのはどちらも同じです

4.使用するアカウント

originでは、Dragonnestアカウントか、Facebookアカウントを必要とします

どちらも持っていなくてもDragonnestのゲストアカウントでログインすることが出来ますが、定期的に実アカウントへのアップグレードを提案してきます

今作では、Steamアカウントを必要とします
プレイヤー名には、steamのプロフィール名が使用されます

5.ゲームの完成度

originはある程度完成された状態にあり、ノーマルマッチやランクマッチ、週ごとのアチーブメントやスキン変更機能など多才な要素を持っています

今作はまだ”オープンβ”の状態にあり、チュートリアル、コンピューター戦、マルチプレイしか要素がありません

また、ゲームの安定性も低いのか、そこそこの頻度で落されます

ただ、フィードバックを送るフォームへのボタンをメインメニューに備えており、不満や要望を届けやすい環境にあり、古いレビューで酷評されていたUIなどもアップデートごとに良くなっていっているのを感じます

他にも色々な差異があり、どちらが良いのかは一概には言えませんが、個人的には今作の方が好みなのでそちらに重きをおいて遊んでいます

よかったら是非プレイしてみて、幽霊船をぶつけあったり石化させあったりしてください

さすらいのバカゲーマー

結局運ゲー

トップ3に入るのは実力、優勝するのは運。

エンドゲームまで9warriorsやら6goblins揃えてるアホが相手なら毎回勝てる、ランクが上がってboss big boss辺りまでレートが上がると全員セオリーや壊れピース分かってるので結局運ゲー。

結局Tide dusa Lich enigma CMやらのCC+ダメージに終結するので最初にLv9か10で壊れピースを掘り出した奴が勝つ。

トップ3に入るのは実力、この辺りは良くバランスが取れていてどのcompでもある程度戦える、じゃあ優勝するには?結局エンドゲームまで強いHumanを3人抱えてるmageが圧倒的に有利。

PLレベル40

色々とやりにくい

各種UIが非常に見にくく、情報収集に非常に足を取られるてしまう。その癖に準備時間は短いためおよそ戦略と呼べる高度な駆け引きは難しく、自身のシナジーを揃えてただ並べるだけという事になってしまう。更には戦闘中に未発動だが潜在しているシナジーを確認できないため、短い時間の中でそれも確認しなくてはいけない。
特に不満があるのは、アイテムの装備に関するUIだ。
アイコンが小さく、かつ現在装備している物の性能があまりにも見にくい。前述した内容からアイテムに割ける時間は殆どなく、これまた適当な駒に適当な物を付けるしかない。
オートチェスと比べて玄人向けと呼べば聞こえは良いが、ただ不親切な事を手放しに褒める物ではない。

ただし、オートチェスと比べた場合に良い点もある。それはアイテムだ。
豊富なアイテムは非常に魅力的で、しかも入手が確約された上で最大4つから選択する事ができる。更にアイテムは一つしか装備できず、代わりに付け替えができるため状況に応じた変更を楽しめる。
惜しむらくは、それが現実的でない事だが……
もしUIが改善され、制限時間が伸びたらまたやりたいと思う。

情報

販売元
Valve Corporation
サイズ
673.1MB
カテゴリ
ゲーム
互換性

iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、イタリア語、ウクライナ語、オランダ語、スウェーデン語、スペイン語、タイ語、チェコ語、デンマーク語、トルコ語、ドイツ語、ノルウェー語ニーノシュク、ハンガリー語、フィンランド語、フランス語、ブルガリア語、ベトナム語、ポルトガル語、ポーランド、ルーマニア語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語

年齢
以下の理由により年齢制限指定12+となっています。
頻繁/極度なアニメまたはファンタジーバイオレンス
Copyright
© 2019 Valve Corp.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ