スマホで読むうたわれるもの vol.03 12+

二人の白‪皇‬

AQUAPLUS

    • 無料

スクリーンショット

説明

「うたわれるもの」シリーズ最終章!
ヤマトとトゥスクル、二つの國の運命は―

独特な世界観の元、躍動するキャラクターで、ファンを魅了し続けたAVG+S・RPG
『うたわれるもの』シリーズ三部作、堂々の完結!
散りばめられた全ての謎が、今、無料で読めるAVGとしてスマートフォンで解き明かされる。

「うたわれるもの」シリーズ最終章!
ヤマトとトゥスクル、二つの國の運命は―

独特な世界観の元、躍動するキャラクターで、ファンを魅了し続けたAVG+S・RPG
『うたわれるもの』シリーズ三部作、堂々の完結!
散りばめられた全ての謎が、今、無料で読めるAVGとしてスマートフォンで解き明かされる。

シリーズ累計80万本を突破した、あの「うたわれるもの」のストーリーが
全てノーカットで無料!物語、音声、楽曲すべてを余すところなくAVGが楽しめる!

■物語
「…………姫殿下を……頼む……ネコネ、幸せにな……」
皇女と妹の未来をハクに託し、オシュトルの肉体と魂は、大気に溶け、この世界の一部と化した。
そして、ハクも姿を消すこととなる。
皆を助けるため、託された仮面と共に、オシュトルとして生きることを選んだのだ。

新たなる戦乱の世を、己の知略とオシュトルの名声をもって乗り越えんとするハク。
兄の意志を継ぎ、感情を抑えハクのために尽くすネコネ。
ハクとクオンを失った悲しみに沈む仲間達。
避けられぬ戦の炎が、今まさにエンナカムイを飲み込もうとしていた。

それは、ヤマト全土に広がる戦乱の幕開けでもあった

■推奨端末
iOS 11.0以降 iPhone7以降の端末を推奨

評価とレビュー

4.9/5
656件の評価

656件の評価

やってられるかぁぁぁぁぁぁ

楽しかった

ストーリーが面白かった。
三作通しでプレイしてしまった。
昨今のスマホゲーの周回に疲れてきていたので、話だけの本作はがっつり楽しめた。
アプリが肝心の所で落ちるので、こんちくしょうとなるけれど、同じところで絶対に落ちるわけじゃないので、そこは続きからでプレイすればいい。
欲を言うのなら、一つ。好きなところでセーブしたかった。
それだけです。

うん、楽しかった。満足です。

Ppc 30

色々と惜しくはある

大きく嘆息しながら本アプリで初見『うたわれ3部作』読み終えました。

強制終了バグは第3部もあり、前半は演出が軽いのか頻度としては少なく、後半は演出が重いのか一気に増えて少しストレス。イッキ読みしましたが通しで50回未満落ちてます。星は1個マイナスさせていただいた…

第3部はエピローグが全てといっても過言ではなく、第1部、第2部のあれそれを昇華していく結の部に文句はありません。読めて良かった。ここまで読んで良かった。という感想は保証できます。

が。
そこまで行く過程に、ひじょ〜〜〜にムラがある。
過去作重要設定は繰り返しても良かった。読了後webで確認すれば見つかるし納得は出来るが、第3部本編の描写だけでは高確率でモヤモヤしながら読む羽目になるパートがある。なのに、茶番と与太が長い!個人的に第2部の日常パートは全然一気読み出来たんですが、第3部はキツい箇所がひと所ならずあったのは正直なところです。ひと所ならず。
「あと一言二言添えられてれば不信感が晴れるのに」の必要の箇所に一言の親切さが欠け、「どうなるか目に見えているのにもういいよ」の不要の箇所がいつまでも切り上げられない。

第1部にも「え、まだやるの?」はありました、が、その結末が「やられた〜!」だったので茶番ではなかった。でも、予想通りだったら茶番やん、ってなります。
第1部にも描写やや不足はありました。が、『そういえばアレって?』程度の、主人公達への感情移入を妨げる箇所ではなかったから引っかからなかった。でも、(準)主人公だと思ってる人物への感情移入を妨げる程度の描写の不親切は、躓きます。なのに主人公だと思ってなかったポッと出の人物描写が突然出てきたら、ズッコケますわ。ちゃうやん?

ストーリーのそういった惜しさが目立ってしまった点は第1部や第2部と違って星更に1個マイナスしました。ゴメンネ。

第1部と第2部はべた褒めしたのにすまんな。しかしながら第1部第2部あったからこその相対的評価なのでシリーズ全体評価を下げようとは思いません。楽しかったし好きですよ。強制終了バグはあるけどネ!

時乃ワタル

物語全般は良作。所々とても駄作

まず無料でこのボリュームを読めるという点で満足できます。
アプリが落ちて少し戻ることもありますが、スキップや早送り機能で解決できます。

ストーリーも全体的に見ると良くできていて面白い。初代うたわれるものをリアルタイムにプレイしていた身としては感慨深い内容でした。

ただ、細かいところの演出が非常にくさい。これでもか!と言わんはわかりにありきたりな展開とくだらない与太話に時間をかけている。
そう言う部分が非常に稚拙で、web小説ですらそんなことしないだろうという内容が目立ちました。
とくに戦時中の話に混ぜる与太話が長いため「戦時中にこう言う平和なことも」というものが連続している。ライターが描きたかったシーンを切り捨てず全て詰め込んだと言う感じになっており、そういうところは駄作としか言えない。
特に、第三部に入ってからクオンが再登場してくる辺りからとにかくクオンを悪い意味でプッシュしすぎている。
周りのみんなは戦時中かつ真剣に等身大で向き合っている話の中、明らかに一人だけ浮き足立っている。
立場を考えたらあり得ない言動と行動が山のようにあり、しかし本筋に入るとそう言う言動が消える。日常シーンになるとまた一気にあり得ない行動をし続けるため、シナリオライターの差がすごい出ているのがわかる。

また挿入歌を無理やり入れて感動するシーンでもない盛り上がるような話でもないところで無理に盛り上げようとしているのがとても気になりました。
全員に呼びかけて全員一人一人が返事をする、と言うシーンも初代のオマージュとして用意しているのだと分かりますが、連発しすぎていている上にそんな時間ないだろう。と言う時にすら一人一人と会話をしようしすぎている。

中学生が読めば感動した!となるような厨二病としか言えない展開が連発しており、うたわれるものシリーズをプレイしてきた当時のファン向けではない演出が気になります。
大事な展開でも説明不足な文章、解説されなければ分からない人が多いであろう展開。
なぜそうなった?という疑問を意図的ではなく、文章力不足によって疑問が残ってしまっている展開にも少し残念です。

それでも本筋はよくできており、本当にシナリオとして惜しいな…と思ってしまいました。

Appのプライバシー

デベロッパである"AQUAPLUS"は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ

ブック
ブック
ブック
ブック
ブック
ブック