スクリーンショット

説明

DropTalkはバージョン5.2から、購入形態が変わりました。
利用プランが導入され、よりお求め安くなりました。
ご利用いただくには、アプリ内課金にていずれかのプランの購入が必要になります。

利用プラン:
- フルバージョン (¥3,060)
Dropsのシンボルを含む、すべてを備えたセットです。すぐに魅力的なキャンバスを作ることができます。永続的に利用できます。

- ベーシックバージョン (¥1,600)
Dropsのシンボルが付属しない、最も基本的なセットです。Dropsのシンボルは、後で追加購入することができます。永続的に利用できます。

- 無料体験付き月額課金 (¥180)
1ヶ月間無料で体験できます。その後は、月額課金となります。すべてのDropsシンボルが付属します。

プラン購入についての注意事項:
プランの購入後のお支払いは、iTunesアカウントに請求されます。

月額課金についての注意事項:
初回登録時に1ヶ月の無料体験をご提供します。無料体験期間中は、料金が発生しません。継続をご希望されない場合は、無料期間の終了日前に、月額課金の解約手続きを行ってください。無料体験期間が終了しますと、自動的に月額料金の課金が始まります。
・購入後のお支払いは、iTunesアカウントに請求されます。
・購入日時の24時間前までに解約しない限り、月額課金が自動更新されます。
・App Storeのアカウント設定から登録の管理を行うことができ、自動更新をオフにすることができます。
・自動更新の料金は、更新日時の24時間前までに請求されます。
・有料会員になる際は、無料体験期間が残っていたとしても、その無料期間は消滅します。
・月額課金登録中でもフルバージョンやベーシックバージョンを購入することは可能ですが、月額課金お支払い分のご返金はできかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシー:
http://droptalk.hmdt.jp/?p=2380
利用規約:
http://droptalk.hmdt.jp/?p=8081


=========
DropTalkは、話し言葉でのコミュニケーションを苦手とする、自閉症や言語障害を持つ方のコミュニケーションを助けるAAC(補助代替コミュニケーション)ソフトウェアです。自閉症などの発達障害をもつ方々のコミュニケーションには、シンボルなどの視覚情報を用いる事や、シンボルと音声を合わせて表出できるVOCAと呼ばれる機器を使用することが有効です。DropTalkは、多彩な機能を提供するVOCAアプリです。

DropTalkには、700を超えるシンボルがあらかじめ組み込まれています。シンボルには、親しみやすいイラストと日本語音声が付いています。これらは、Droplet Projectが開発した絵記号ライブラリ「Drops」に基づくものです。Dropsは、コミュニケーションシンボルのスタンダードの地位を確立しています。

シンボルは、キャンバスと呼ばれる画面に配置して使います。キャンバスには、他者とのコミュニケーションを目的としたコミュニケーションキャンバスと、作業項目を列挙するスケジュールキャンバスと、自由に絵を書くことのできるスケッチキャンバス、タイマー機能を提供するタイマーキャンバスの4種類から選択することができます。

コミュニケーションキャンバスは、シンボルを格子状に配置するキャンバスです。シンボルをタップすると音声が再生されて、他者とのコミュニケーションを助けることができます。1つのキャンバスには複数のページを追加することができ、フリックで切り替えながら操作できます。キャンバスの編集は、ドラッグ・アンド・ドロップで行と列を入れ替えるなど、直感的な操作で行うことができます。複数のシンボルをまとめて再生することのできる、文章モードも用意されています。

スケジュールキャンバスでは、ある作業の手順を項目ごとに列挙することができます。項目にはチェックボックスがあるので、完了したものをチェックしながら進めることができます。それぞれの項目に、時刻および作業時間を設定することができます。作業時間を設定した場合、それをタイマーとして動かすことができます。

スケッチキャンバスでは、自由に絵を描いたりシンボルボタンを配置することで、より自由度の高いキャンバスを作成することができます。スケッチキャンバスにはさまざまなツールが用意されており、線の描画、テキスト入力、シンボル画像の読み込み、フォトライブラリからの画像の読み込み、図形の描画、シンボルボタンの配置などができます。スケッチキャンバスにも文章モードが用意されています。

タイマーキャンバスは、タイマー機能を提供します。タイマーのスタイルは、5種類から選択することができます。複数のスケジュールを連結して、連続タイマーとして動かすこともできます。タイマー終了時に表示されるアラートには、シンボルやメッセージを配置するカスタマイズが可能です。

シンボルは、あらかじめ用意されたもの以外にも、自分で追加することができます。カメラを使って写真を取り込んだり、フォトアルバムから画像を読み込むことができます。再生する音声は、マイクから録音する他に、ミュージックに含まれる音楽の再生や、入力したテキストの読み上げを利用することができます。

作成したキャンバスは、配布して共有することができます。配布の手段として、Air Drop、メール、メッセージを使うことができます。キャンバスファイルをWebサーバ上に置いて、Safariからインストールすることもできます。iCloud Driveに対応しており、キャンバスとシンボルを複数のデバイスで同期することもできます。
また、キャンバスストアとよばれる画面では、全国のユーザーで作成されたキャンバスを、自由にアップロードおよびダウンロードすることができます。

肢体が不自由な方でも操作できるようなサポートも実装しています。iOSに特有のスクロール時にバウンスする挙動をオフにすることができます。シンボルの読み上げを、画面に指が触った時にするか、指が離れた時にするかを選択することができます。スイッチインタフェースに対応しており、多くの機能をスイッチのみで操作することができます。MFiコントローラに対応しているので、ゲームコントローラなどで操作することができます。

DropTalkはユニバーサルアプリとなりました。iPhone、iPad、iPod touchで使うことができます。

新機能

バージョン 5.3.1

・カメラで写真を撮影したとき、比率を指定するとクラッシュする問題を修正しました。

評価とレビュー

3.9/5
17件の評価

17件の評価

いろはすマニア

不具合?

とても役立つ機能が多く、活用させて頂いています。
こちらで書くべきことか分からなかったのですが、数日前からスケッチで写真を入れて、比率を変更したりトリミングしようとしたりすると、アプリが強制終了されてしまします。
何か対処策があれば教えて頂きたいです。

ata1963

ロック機能を

現在、特別支援学校(知的障害)の生徒に使ってもらっています。朝の会・帰りの会の司会をドロップトークを使ってしています。以前は、先生が替わりに喋ってくれていたのですが、ドロップトーク(iPad)を導入してからは、「司会を全て自分でできる!」という喜びを感じ、とても積極的に取り組んでいます。ただ、iPadなどの機器が大好きなのでいろいろと触ってしまい、シンボルやライブラリーの『追加されたシンボル』の中のタブまでも消去してしまいました。消去などの機能制限ができる設定があれば本当に助かります。ぜひ、お願いします。

kuj88

最初に課金要求から?

「app内課金あり」を理解してダウンロードしましたが、それにしても最初に課金の画面から始まって何らかの課金選択をしなければ使い始められないのは困惑します。課金自体はいいのですが、少し使ってみてから課金するかどうか決めさせてもらえないものかと…

Appのプライバシー

デベロッパである"HMDT Co., Ltd."は、プライバシー慣行およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

ストーリー

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ