スクリーンショット

説明

Microsoft Office は、Word 、Excel 、そして PowerPoint をすべて 1 つのアプリで提供します。生産性を高めるシンプルなソリューションである Office アプリ を、Microsoft のツールとともに、常時シームレスに利用できます。

モバイル デバイスを使って、いつでもどこでも PDF ファイルをスキャンしたり、スプレッドシートを作成したり、ドキュメントの下書きを作成することができます。どこにいてもワークフローを完了できます。Word 文書を始め、PowerPoint プレゼンテーション、あるいは Excel ファイルまで、Office アプリ は 1 つのシームレスなエクスペリエンスを提供します。

インテリジェントなクラウド サービスと信頼できるセキュリティとともに、Office アプリ は仕事でも生活でも生産性を最大限に高めます。

Word、Excel、PowerPoint の組み合わせ:
• クラウド ベースのストレージを使用して、Word、Excel、PowerPoint のファイルを保存してアクセスします。
• 文書を作成し、他のユーザーとリアルタイムで共同作業できます。
• プレゼンテーションを共有および編集できます。発表者のコーチを使用してプレゼンテーションのリハーサルを行う。
• スプレッドシートは、アプリ内で使用可能な多数のテンプレートのいずれかを使用して作成することも、すぐに編集することもできます。
• 直接、または Outlook と Teams を介して共有されているファイルに簡単にアクセスして共同作業できます。

Office Lens を使用して画像とドキュメントを変換する:
• 画像をスナップしたり、カメラ ロールから写真をアップロードしてドキュメントを作成できます。
• 表を撮影して 便利なスプレッドシートに変換し、そのデータを操作します。
• ホワイトボードやドキュメントのデジタル画像の価値を高めることができます。

PDF スキャンおよび編集機能:
• PDF ファイルを簡単にスキャンして Word 文書に、あるいは逆に Word 文書を PDF ファイルに変換します。
• デバイス上で直接 PDF ファイルをすばやく編集できます。
• PDF リーダーを使うと、PDF にアクセスして署名することができます。

Office Mobile 固有:
• 会議にキャッチアップしたり、中断したところから共有ビデオを開いたりすることができます。
• 考えやアイデアをざっと書き留めてから、Microsoft 付箋で保存または共有します。
• QR スキャナーを使用すると、デバイスで QR コードをスキャンし、添付されたリンクを開きます。
• ドキュメントやスプレッドシートをスマートフォンとパソコンの間で転送できます。

お客様の iPhone または iPad に Office アプリを今すぐダウンロードしましょう。ドキュメントを作成、編集するには、無料の Microsoft アカウントを使用して、10.1 インチ以下の画面サイズのデバイスでサインインします。個人の Microsoft アカウント、または Microsoft 365 サブスクリプションに接続された職場または学校のアカウントでログインすると、アプリ内でプレミアム機能のロックが解除されます。

Microsoft Office を利用して、外出先でもより多くのことを達成できます。

サブスクリプションとプライバシーに関する免責事項
Microsoft Office の全機能を使用するにはスマートフォン、タブレット、Windows PC、Mac のための適格な Microsoft 365 サブスクリプションが必要です。

アプリから購入した Microsoft 365 の月次サブスクリプションは App Store アカウントに課金され、事前に自動更新を無効にしない限り、現在のサブスクリプション期間の終了前 24 時間以内に自動的に更新されます。サブスクリプションは App Store アカウントの設定で管理できます。

このアプリは、Microsoft またはサード パーティ製のアプリの発行元によって提供されており、個別のプライバシーに関する声明および使用条件に従います。このストアとこのアプリの使用を通じて提供されるデータは、Microsoft またはサード パーティ製のアプリの発行元にアクセス可能であり、可能な場合、Microsoft、またはアプリ発行元および関連会社、またはサービス プロバイダーが施設を保持している、米国またはその他の国で転送、保存、処理されます。

Microsoft Office の Microsoft ソフトウェア ライセンス条項を参照してください。[情報] の下の "使用許諾契約書" のリンクを参照してください。アプリをインストールすると、それらの使用条件に同意したことになります。

新機能

バージョン 2.53.1

Addresses stability issue on iOS 15 when using organizational accounts.

評価とレビュー

4.5/5
2.9万件の評価

2.9万件の評価

ミミズは畑の肥料でし

iPadの画面サイズが、

ExcelとWordをパソコンで作業、出先でAir2で編集出来ていたものが 第4世代iPadに変えて編集出来なくて困っていたら、
iPadの画面サイズが10.1インチ以上あるものを使用している人は、365を年間契約しないと
Excel Wordとも編集出来なくなりますよ!  という記事があり(-_-) となりましたが、

 年間契約するか もともと悩んでいたので すぐさま契約したら問題解決。
 365は色々付いてくるので、契約するのも悪くないんじゃないかな〜

A3D欲しい

使いやすくなった!けど…

第一世代iPhone SE 32GBを使っていたときにWord Excel PowerPoint OneDrive全部分けてアプリを入れるとストレージがとても圧迫されていたのでこのアプリが登場したときはとても嬉しかったです。そのうえ、流石はMicrosoftと言わんばかりの完成度。素晴らしい。
しかし気になるとなることが一点。現在iPhone SE第二世代にメイン機、iPhone SE第一世代がサブ機として使っていますが、なぜか両機の間で仕様が少し異なっています。
第一世代ではログインしているアカウントが複数登録されて、使うときに「選択」する仕様ですが、第二世代ではいちいち「ログアウトして別アカウントでログインしないといけない」という仕様になっています。(バージョンはどちらも現在最新の2.40であることを確認しています)個人用学校用で別々のアカウントを持っているので、出来れば第一世代の仕様がどちらでも使えるようにして欲しいです。

まかもひ

素晴らしいだけに

職業柄PC以外にiPadやiPhoneなど複数のマシンで文章を作成しますので、無料のクラウド上で書類を一元管理できる点は大変素晴らしい。

それだけに主にiOS上で「ただいま文書を保存できません。しばらく経ってからお試しください」の表示がしょっちゅう出るのは非常にストレスフルです。
PCでwordを開く時と違って1度に複数文書を開けないので、ある文書から別の文書にコピー&ペーストをする際、どうしても作成中の文書を一旦閉じなければなりませんが、時間かけて作成した文書が保存できないので結局修正文書を破棄するか、しばらく作業を中断せざるをえません。とても残念。早急な改善を求めます。

Appのプライバシー

デベロッパである"Microsoft Corporation"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられたデータ

次のデータは収集され、ユーザの識別情報に関連付けられる場合があります:

  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • 連絡先
  • ユーザコンテンツ
  • ID
  • 使用状況データ
  • 診断

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

ストーリー

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ