スクリーンショット

説明

Let's Unmix は自動で音源をボーカル、ドラムス、ベース、及びそれ以外の伴奏に分離します。
楽器の練習や、耳コピー、リミックス、カラオケ作成等の用途にご利用いただけます。

音源を、ボーカル、ドラムス(パーカッション)、ベース、その他楽器の4つのソースに分離します。

分離されたトラックは個別に保存、エクスポートができるため、DAW等、他のアプリケーションで利用することができます。

分離したトラックごとのボリュームや、バランスを調整し、再生、保存することができます。また、再生速度も変更することも可能です。

楽曲の特定部分のみを繰り返し再生することが可能です。またファイル保存の祭も、同様に特定部分のみを切り出して保存することができます

ソースの楽曲は、iPhone,iPad内のメディアライブラリーから直接読み込むこと、及び他のアプリケーションや、iCloud等に保存されている音源ファイルを読み込むことができます。

ソースフィイルはmp3,m4a,wavフォーマットをサポートしています。また、出力はm4aまたはwavフォーマットになります

ソースのサンプリングレートは、44.1KHz(CDと同じ)が最適です。また出力は、ソースのサンプリングレートにかかわらず、44.1KHzになります

新機能

バージョン 1.6

このバージョン(1.6)の新機能
- 不具合の修正
このバージョン(1.5)の新機能
- 動画ファイルのサポート
 MPEG4及びQuickTime Movieフォーマットのサポート
 動画ファイルより、音声トラックを抽出しソース音源として利用可能
 抽出した音源はアプリ内フォルダーに保存
 カメラロール及び、iCloudなどのクラウドストレージより一インポート可能
- Fileアプリより、アプリ内フォルダーがアクセス可能になります。
- iOS14.Xで動作するいくつかのデバイスで、抽出した音源が所々抜け落ちる不具合の修正
このバージョン(1.4)の新機能
- ロードされた音源のボリュームが小さい問題の修正
このバージョン(1.3)の新機能
- iOS 14 のサポート
- 軽微なバグの修正

このバージョン(1.2)の新機能
- 軽微なバグの修正

このバージョン(1.1)の新機能
- 軽微なバグの修正

評価とレビュー

4.3/5
100件の評価

100件の評価

varitak

SpotifyやYoutubeと連携できたらなお良い

iTunesやファイルから取り込んだ楽曲に対して、
リピート区間の指定や再生速度を変更できるのでとりあえず練習に使えます。
UIはちょっと使いにくいです。
なかなか使えるため、色々と足りないと感じる部分が多い。
個人的には以下の様な点が足りないと思いました。追加の課金アイテムとしてサポートされたら嬉しい。

再生速度はスライダー以外にも数値指定とか10%,25%,50%増減ボタンによる指定。
分離後のチャンネル別EQ。
ギターやピアノも個別に分離。
SpotifyやYoutubeと連携。

@doiman

区間を指定して分離 微調整用EQ...2点機能追加で100点満点

ドラムレストラック作成で曲始めのカウントオフを残したいのでその部分を除外して分離等出来ないか?
最終の微調整用に個別にEQあれば便利
以上2点の機能があれば最強のアプリになるのでは!

氶平

やばすぎ

セールでizotopeのRX7 standardを1万円で買ったばかりでこれを知ってしまいショックです。あれのmusic rebalanceがまんま使えて、しかも動作がスムーズ! 音質も遜色あるとは思えません。むしろ使いやすさも影響してか、音質もこっちの方がいいんじゃないかなとすら思えなくもない。え?なにこれ610円!?
天才が革命起こしてるのってくらい衝撃です。
2017ipad proでのレポートです。

Appのプライバシー

デベロッパであるHikaru Tsuyumineは、プライバシー情報の使用方法およびデータの取り扱いについての詳細をAppleに示していません。 詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

詳細が提供されていません

デベロッパは、次のAppアップデートを提出するときに、プライバシーの詳細を提供する必要があります。

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ