スクリーンショット

説明

いつも走行している峠道の標高や地図上の正確な位置を知りたくありませんか?
迷った場所を後で確認したくありませんか?
「Ryotei」は道の探索やツーリング・ドライブ、峠道を走る事が好きな方の為の移動経路を記録し、再生するGPSトラッキング(GPSデータロガー)アプリです。

移動した経路を「見るだけ」ではなく地図に表示される移動経路上を動くアイコンで再体験。
地図上に表示される移動経路の色の変化で標高・スピードの変化を再確認。
地図・グラフ画面に表示される各地点の情報はもちろん、情報画面では最高速度・平均速度・最高標高・経過時間等を確認出来ます。

※Ryoteiは業務用に開発したアプリではありません。業務でご利用の方へのサポートは一切行いません。ご了承ください。

■機能説明■
■記録一覧
- リスト表示と月表示から選択・随時変更出来ます。
- リスト表示時には右上ボタンから検索が利用できます(記録のタイトル・最高速度・最高標高・移動距離・タグ)。
- 記録開始・一時停止・再開・記録終了、撮影画面・設定画面への移動は一覧画面から行います。
- スワイプで削除やタイトル変更・オーバーレイ追加/削除・共有(ファイル送信)・タグ追加/削除機能の利用が可能。

■記録開始・一時停止・再開・終了
- 記録開始時に指定した時間で自動で停止します。
- 手動でも記録を中止可能です。
- バッテリー消費が気になる場合はトラッキング一時停止・トラッキング再開機能をご利用ください。
- 緯度・経度・標高・移動速度・移動距離・移動方向・水平誤差・垂直誤差を記録します。
- 記録時間は最大24時間です。
- 記録間隔は最短1秒に1回、位置情報精度が低い地点や静止時はスキップします。
- バックグラウンド・スリープ時の記録に対応。
- 記録時にはGPS信号精度をレベルインジケータで表示し、レベル4以上から記録します。
- GPS信号精度が低い場合は「GPSを探索中」、静止時は「待機中」、記録時は「記録中」と3段階のステータスを表示します。

■再生
- 地図表示とグラフ表示から選択・随時変更出来ます。
- 縦向き・横向き画面表示に対応。
- 標高・時速・移動距離・時間を常時表示します。
- 再生ボタン・早送りボタン・逆再生ボタンの他、スライダーを直接操作する事で任意の地点に移動可能。
- 地図表示では移動方向を示すアイコンが表示され、再生中は移動経路上を移動します。
- グラフ表示では標高とスピードを折れ線グラフで表示し、再生動作はグラフ全体が左右にスクロールします。
- ピンや通過点を地図上に配置可能。
- 表示時間を実時間と経過時間から選択可能。
<詳細画面>
- 再生画面右上の「情報」ボタンから情報画面へ移動します。
- 最高速度・平均速度・最高標高・移動距離等を表示。
- KMZ・GPX・CSVファイルを送信可能。
<地点情報画面>
- 移動経路上にあるアイコンの吹き出しのボタンから地点情報画面に移動します。
- 吹き出しに表示する情報を時間・標高・速度・移動距離から選択出来ます。
- 現在アイコンがある地点の詳細な情報を表示します。

■移動経路をグラデーションで表示
- 速度又は標高の高低で移動経路の色を変える事で、単色での表示と比べ大幅に視覚的に把握しやすくなりました。
- 標高では高低差の変化、スピードでは大まかながらブレーキ・加速タイミング等がわかりやすくなります。
- オフにすると単色で移動経路を表示します。

■現在地表示
- 地図上に現在地・現在の方向を確認出来るので、ツーリング中でも進行方向を把握しやすくなります。

■オーバーレイ
- 表示されている記録以外の移動経路を一つ表示可能(半透明の黒で表示)。
- 記録されている他の移動経路と重ねて表示する事で、経路の違いを把握しやすくなります。

■通過点
- 移動経路上に通過点を配置可能。

■ピン
- 地図上の任意の場所に追加可能です。
- ピンの移動は地図上でタップ後に吹き出し下部の点をドラッグする事で可能です。
- ピンの詳細画面ではピンの名称・他記録で表示設定を行えます。

■写真撮影
- 記録中でGPS電波受信状況が良好な場合に撮影出来ます(屋内などでは写真撮影が出来ない場合があります)。
- 写真にはEXIF情報・GPS情報・撮影方向情報を記録し、カメラロールにも情報を添付し保存します(アプリ内部には縮小したサイズ、カメラロールにはオリジナルサイズを保存)。
- フラッシュのオン・オフ・自動を選択可能です。
- フロント・バックカメラを選択可能です。
- 水準器・9分割・4分割グリッド等を表示可能です。
- 撮影された写真は、地図上の撮影地点にアイコンが表示されます。

■タグ
- 記録には一覧画面と記録の詳細画面からタグを付与できます。
- タグは6つあり、タグの色と名称は設定画面から編集できます。

■共有
- 移動経路の情報をKML・KMZ・GPX・CSVファイル等で送信可能です。
- 送信項目は設定画面でカスタマイズ可能です。
- DropboxやOneDriveへの送信はそれぞれの公式アプリをインストールしアカウントの設定を行っておくことで可能となります。
- 写真は詳細画面から画像の送信が可能です。

■GPXファイルのインポート
- メールアプリやDropboxアプリ等からのGPXファイルのインポートが可能です(日時項目があるものに限る)。ご家族やご友人との移動経路の共有等にご利用ください。
- インポートデータはデフォルトではインポートした日に表示されますが、設定画面から記録した日に変更可能です。

 <インポート方法>
 メールアプリではファイルアイコン長押しで表示されるメニューから「Ryoteiにコピー」をタップで、
 Dropboxでは送信アイコンから「別のアプリで開く」から「Ryoteiにコピー」をタップで、
 OneDriveでは「開く」から「Ryoteiにコピー」でGPXファイルをインポート出来ます。

注意:GPXファイルのインポート機能は機種交換時のデータ移行の為にあるものではありません。
GPXファイルはXML形式で記述されているテキストファイルなので、Ryoteiから出力されたファイルでも写真などはインポート出来ません。
機種交換時のデータ移行はiPhone標準機能の簡単で便利な「バックアップ」と「復元」をご利用ください。

■ホーム画面からのクイックアクションによる操作
- 記録があれば最新の記録が表示されるクイックアクションが表示されます。
- 記録状態によって「トラッキング開始」「トラッキング一時停止」「トラッキング再開」「トラッキング停止」「写真を撮る」等のクイックアクションが表示されます。

■一覧画面からの長押し
- 一覧画面で長押しする事で記録の簡易画面が表示されます。
- 地図・グラフ画面をタップする事で全体画面に遷移します。
- メニューからは削除やタイトル変更・オーバーレイ追加/削除・共有(ファイル送信)・タグ追加/削除機能の利用が可能。

■注意点
- 「Ryotei」はGPS衛星からの信号を受信し、位置情報を取得・記録します。そのため3G・LTE電波が届かない場所でも記録出来ますが、GPS衛星からの信号が弱い環境(屋内・航空機・鉄道・バス等)では記録出来ない場合があります。
- iPhoneに金属ケースを装着するとGPSの感度に影響がある場合があります。金属ケースは外してご利用ください。
- 機内モードではGPSは利用できません。
- 記録中の情報は消費電力削減の為、リアルタイムでは更新されません。
- 長時間記録し続けると、バッテリーの寿命を非常に短くすることがあります。
- 送信用に生成されるKML・KMZ・GPX・CSVファイルは大量の地点データ含んでいるため、数メガバイトものサイズになります。送信制限が厳しいキャリアメールでは送信出来ない可能性があります。
- 脱獄(ジェイルブレイク)を行っているiPhoneでの動作は保証しません。
- iPhone機種変更時のデータ移行はiPhone標準機能のバックアップと復元をご利用ください。

新機能

バージョン 7.9.0

-一部処理の改善。

評価とレビュー

4.3/5
231件の評価

231件の評価

ajiw

追加機能を求む!

ロードバイクで使用しています。

アプリの紹介文で

峠道を走る事が好きな方の為の移動経路を記録し、再生するGPSトラッキング(GPSデータロガー)アプリです。

とありますが、アプリの紹介文どうり記録の再生はできるのですが、倍速しかないのでリアルではないです。

実際の時間経過で記録の再生ができれば、自分が走った経路で、過去の自分と並走したり、戦ったりできるので、是非機能追加お願い致します!

デベロッパの回答

返答遅くなり申し訳ありません。
Ryoteiは等間隔ではなく、設定された距離以上を移動するたびに記録する方式となっております(最短で1秒間隔)。
不等間隔で記録する為、実際の時間で再生することは出来ません。
また、昨年スマホのナビを見ながら走っていたバイクが側溝に落ちる現場に遭遇しました。
走行中にスマホの画面を見る行為は危険ですのでお勧めしません。

Daina2014

履歴閲覧は記録した端末1台のみ?

履歴は記録した端末1台(機種変更でのデータ移行が行われた場合を除く)。
従って、RyoteiはiCloudを使用するアプリには設定できない(現在そういう仕様みたいですね)
となっているのでしょうか。

希望としては、Ryoteiのオリジナルデータのままクラウドに保存出来て(他の保存形式の話ではありません)
別の端末のRyoteiの履歴に簡単に取り込める(インポート方法が?です)。
ということです。

最近は複数の端末を所持して、
小さな端末(iPhone)で記録して、大きな画面(iPad)で検討する。
また端末同士でデータのやり取りをする。
ということが現実的になってきています。

※大前提としてRyoteiは記録した端末のみでの利用しか想定していない
従って、WiFi専用のiPadにはRyoteiのインストールすらできない。
・記録できる端末が前提なので、ビューワーとしてのみの端末は想定にない。
・記録した端末のRyoteiオリジナルデータをiCloud経由で別端末のRyoteiで利用することも想定外。
 小さな画面(iPhone)で記録したデータを後で大きな画面(iPad)で検討するなど想定外。

といったところでしょうか?

結構、Ryoteiのファンなのに残念です。

デベロッパの回答

すみません。書き直します。
iPad wifi をサポートするという事はiPad wifiで外付けGPSを利用し記録する事を許可する事と同じです。
さらにiPad wifiが利用可能となる事はiPodも外付けGPSで利用可能になるという事です。
iPad wifiとiPodそして複数の外付けGPSの組み合わせのテストと修正には大変な工数がかかります。
おそらくiPhoneとiPad セルラーモデルを合わせた現在の時間の数倍になると思われます。
さらに外付けGPSは数万円もします。
これを複数台の購入することは当方には不可能です。
以上の事から、今後もiPad wifi をサポートすることはありません。

---------------------------------------
現象のご報告ありがとうございます。
ですがこの現象はiOS12を利用しiPhoneを車やバイクから充電している場合に、イグニッションのオンやオフ・低速での走行時などで電圧に変化があった際にアプリが終了させられているのが実情だと思われます。
この現象は全ての起動しているアプリを終了させるiOSの不具合です。
Ryoteiが終了される前に起動を確認していたTwitter・Safari・メール・ その他アプリはRyotei同様全て終了していました。
個々のアプリで対応できる類のものではありません。
まず、記録を開始し10時間程室内に放置してから記録を継続したまま屋外を移動するテストを数回行いましたが問題無く動作しました。
数名からRyoteiのサポートサイトから連絡を頂きましたが全ての方がiOS12を利用し、車やバイクから充電していました。
iOS12の端末を1台はバイクから充電し、もう1台は充電せずに記録するテストを数回行いました。充電している端末はアプリが終了する現象を確認できましたが、充電していない端末は問題無く動作していました。
当方はバイクのイグニッションと連動する充電システムを利用していますが、終了するタイミングはイグニッションのオン・オフ時と低速走行時のみでした。
以上の事からこの現象は給電時に電圧が変化した場合に起きるiOS12の不具合だと考えております。
ちなみにiOS12.1.3からは不具合が解消されている可能性があります。
iOS12.1.3以降当方では現象を確認できておりません。
旧バージョンのOSをご利用になっている場合は最新バージョンにアップデートをお願いいたします。
最新のOSでも不具合が残っている可能性がありますので今後も最新の状態にしておくことをお勧めいたします。

Microfox.icd

ショートカットアプリ対応で最高に使いやすい

精度もよく、一覧でログ全体のサムネイルが表示れるので探しやすいです。

ショートカットアプリに対応しています。
ワンタッチ又はSiriからのコマンドで、ryoteiのトラッキングをスタート→apple musicでツーリングのプレイリストを再生→yahoo!カーナビで特定の場所までのナビをスタート、なんてことができちゃいます。KMZ出力ができ、Google earthでログを3Dで楽しんだり、今までのログを全て重ねて表示したりなど、ツーリングやドライブが趣味の方にとって楽しみ方が無限大なアプリです。

作者様、ショートカットアプリの対応誠にありがとうございました!

Appのプライバシー

デベロッパである"Thirdware.jp"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

データの収集なし

デベロッパはこのAppからデータを収集しません。

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

ユーティリティ
ユーティリティ

他のおすすめ

ナビゲーション
ナビゲーション
ナビゲーション
ナビゲーション
ナビゲーション
旅行