スクリーンショット

説明

かんたんにネットワーク上のエアステーションを検索し、設定画面を表示できます(Wi-Fiリモコン)。来訪者のために一時的にゲストポートを解放したいときなどにも便利です。
また、ネット脅威ブロッカーに対応したエアステーションをお使いの場合は、それらについての設定をすることもできます。

Wi-Fiリモコンとは、携帯端末からかんたんにエアステーションの設定を確認および変更できることを指します。
本アプリは、エアステーションと同じネットワークにWi-Fiで接続して、ご使用ください。

機能:
○エアステーションを検索
見つかったエアステーションに対して以下のことができます。
- 設定画面の表示
- ステータスの確認
- ネット脅威ブロッカーの設定(対応製品のみ)

対応製品:
- Wi-Fiリモコンに対応したエアステーション(*1)
- ネット脅威ブロッカーに対応したエアステーション(*2)

*1 以下の製品は、ファームウェアをVer.2.08以降に更新してご使用ください。
- WZR-1166DHP
- WZR-1750DHP

*2 AirStation connectシリーズ については、connectアプリ をご使用ください。

新機能

バージョン 2.1

- ホーム画面で「ファームウェア更新通知」をタップしたとき、機器の設定画面が表示されない場合がある問題を修正しました。
- その他、細かな修正を行いました。

評価とレビュー

2.1/5
419件の評価

419件の評価

KPEYG

5GHz無効にすると役に立たない

WEX1166DHPSで、5GHzを無効にして2.4GHzだけ有効にすると、中継機設置ガイドの「中継機<=>子機」が「5GHz 0Mbps」の表示で固定されてしまい、2.4GHzで繋がっているのかどうかすらわからない。

そもそも当該製品5GHzの通信が不安定なのをなんとかしてもらったほうがいいんだろけど…アプリ的にはちゃんと本体の有効無効が反映されるようにしてほしい。

愼ちゃま

ちょっと分かりにくい

中継器を検索して設定する場合、
元々BUFFALOのルーターを使用してアプリを使用すると検索に出てくるが、他社のだとちゃんとSSID合わせていても検索に出てこない。検索に出てきても設定が開けない。
(というか、元々このアプリで設定をする訳ではなく、ルーター、中継器にアクセスするための画面が出るだけ。)
仕組みを理解したら普通に使えるけど、
最初は頑張って手動で中継器やルーターを設定した方が早い。

iPhoneで開けない(設定画面に行かない)ってレビューあるけどBUFFALOのルーター経由ならiPhoneでも使用可能。
(ルーターも中継器も)

*ぱるむ*

なにこれ…?

WHRー1166DHP3のパスワード変更をするため、最後に「設定」を押したら画面が固まり、5GHz帯に接続できなくなりました。(パスワード要求画面が出る繰り返し)
30分も経たないうちに2.4GHz帯のほうも繋がらなくなり(接続されているもののほほ通信していない)、結局機器ごとお蔵入りになりました。このアプリで設定するまではちゃんと繋がっていたので、設定中に固まったからでは?
無駄な時間と買い物でした。

情報

販売元
BUFFALO INC.
サイズ
51.1MB
互換性

iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

日本語、 英語

年齢
4+
Copyright
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ