スクリーンショット

説明

~モバイルSuica、Apple payやGoogle payのSuica、スマホ決済(楽天ペイのSuica、Mizuho Suica)、ウェアラブルデバイス(wena・Garmin等)のSuicaをご利用の方に~
マイナポイントの申込やクレジットカード(ビューカード)のご利用でもポイントが貯まる。
JR駅ビル内のコンビニ・薬局・レストラン・スーパーなどでポイントが利用できる。

■JRE POINTって?
・Suicaを登録して申し込むと、マイナポイントが貯まる!
・JR東日本の駅ビルでのお買い物で貯まる&お支払いに使える!
・1ポイント=1円でSuicaにチャージできる!

■アプリのポイント
・アプリを立ち上げると、ポイント残高が一目でわかります。
・駅ビルではアプリのバーコードが会員証代わりになり、カードを持ち歩く必要がなく便利です。

~バーコードが使えるお店(2020年12月末時点)~
アトレ目黒・アトレ五反田・アトレ品川・アトレ竹芝・アトレ大井町・アトレ大森・アトレ四谷・アトレ上野・アトレ浦和・アトレ秋葉原・アトレ亀戸・アトレ新浦安・アトレ大船・アトレヴィ大塚・アトレヴィ巣鴨・アトレヴィ田端・アトレヴィ東中野・アトレヴィ三鷹・プレイアトレ土浦・錦糸町テルミナ・シァル桜木町・シァル鶴見・シァル横浜・エスパル仙台・エスパル福島・エスパル郡山・エスパル山形・東京駅(北町ダイニング・黒塀横丁・キッチンストリート・グランアージュ・グランルーフ・グランルーフ フロント・グランスタ東京・グランスタ丸の内)・トピコ&アルス・エキュート日暮里・エキュート品川・エキュート品川サウス・エキュート上野・エキュート大宮・エキュート大宮ノース・エキュート立川・エキュート東京・エキュート京葉ストリート・マーチエキュート神田万世橋・エキュートエディション有楽町・エキュートエディション飯田橋・エキュートエディション横浜

(ご注意)
※本アプリで位置情報の利用を許可するとバックグラウンドでGPS機能を継続的に使用します。バッテリーを大量に消費する恐れがありますのでご使用の際はご注意下さい。
※当アプリのゲームおよびキャンペーンは東日本旅客鉄道株式会社が制作し提供しています。米Apple社は本ゲームおよびキャンペーン制作、提供には一切関係がありません

新機能

バージョン 2.4.7

軽微な修正を致しました。

評価とレビュー

3.9/5
2.5万件の評価

2.5万件の評価

ま つ は る

モバイルSuicaの切替サイトが不親切

「モバイルSuicaに登録のメールアドレス」を聞かれるが、実際はよく読むとSuicaアプリで確認できる「Suica識別ID」を入力しろと小さい文字で書いてある。

この識別IDはメールアドレスの後ろにアンダーバーと数字を付け足したもので、Suicaアプリに複数Suicaを登録すると「_2」、「_3」と大きくなる。1枚目のSuicaの識別IDは確かにメールアドレスそのものになっている。

しかし登録するSuicaの切替にこれを求めるなら何故初めから「Suica識別IDを入力」としないのか。「メールアドレス『または識別ID』を入力」と書いてくれるだけでも相当わかりやすいと思う。
切替ということは2枚目以降のSuicaを持っている、つまりメールアドレスでなく識別IDが必要になっている、ということではないのか。せめて注意書きの文字をもう少し大きくしてほしい。

皿皿寿司皿

本当に、1からシステム見直すべき

キャッシュレス戦国時代。
本来ならモバイルSuicaが最強のはず。だってキャッシュレス決済に対応しててSuicaが使えない店なんてほぼ無いし、何と言っても電車に乗れる。ペイ○イなんて目じゃない、ほかのどこにも真似できない強みを持っているはずだ。『Suicaさえあれば他のサービスなんていらない』くらいの殿様商売だって出来たはずだ。

なのにどうして皆ペ○ペイを使うのか、もっと考えてほしい。ポイントなんて二の次でいいんだよ。新興キャッシュレスサービスの一番の魅力は『導入のし易さ』『とっつきやすさ』だ。
その点で、モバイルSuicaには本当にがっかりさせられる。他のサービスに追随しようと迷走するたび、どんどん、どんどん複雑になっていく。
モバイルSuicaを使って、ポイントを貯めて、さらに新幹線にも乗りたい人は一体どこから何に登録して、何週間もかけてどのカードを作って、どれにログインして、いくつのIDとパスワードを管理すればいいのか。これから導入しようとする人に説明しようとしても、10年近くのヘビーユーザーですら調べなければわからない。ペイペイなら「ここから登録すればいいんだよ」で事足りるのに。

後付け、後付けの継ぎ接ぎだらけで、もはや1から作り直す以外に今の時代のキャッシュレスサービスとして生き残る術はなかろう。
今のままだとPayPayで電車に乗れる日が来るほうが早そうだ。

jam.urgamng@gptygq

全く使えない

仕事帰りなどでJRの駅ビルで良く買い物をするので従来のJREポイントカードはいつも持ち歩いてました。ここ数年のキャッシュレス決済の普及に伴い財布を持ち歩くことが減り、ポイントカードも財布の中でしたのでポイントを貯められないということが多々ありました。

今回、JREポイントカードが電子アプリ化していたことを知り大変嬉しく思いさっそくDLしてみましたが、私の買い物圏内には使用できる店舗がありませんでした。
最初はたまたまなのかと思いましたが、バーコード対応していないことが何回も続きいったいどこで使えるのかと思い調べてみると限られたテナントでしかバーコードの対応ができていないとか。

がっかりです。
全店対応してからリリースしろなんて言いませんがもう少し対応店舗増やしてからのリリースで良かったのではないでしょうか。

他の方のレビューにも同じような内容がありましたが、なんだかもやっとしたので書かせていただきました。

しばらくカードを持ち歩きます。
普及するのを待ってます。

Appのプライバシー

デベロッパである"East Japan Railway Company"は、Appのプライバシー慣行に、以下のデータの取り扱いが含まれる可能性があることを示しました。詳しくは、デベロッパプライバシーポリシーを参照してください。

ユーザに関連付けられないデータ

次のデータは収集される場合がありますが、ユーザの識別情報には関連付けられません:

  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • ID

プライバシー慣行は、ご利用の機能やお客様の年齢などに応じて異なる場合があります。詳しい情報

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ